レシピを作ってみよう!

「エディター」へアクセス

ifLinkレシピエディターは、PCやスマホのWEBブラウザからアクセスできる、レシピ作成・管理用のツールです。レシピの作成・設定・配信が可能です。

  1. ifLinkエンジンのトップ画面から「 エディター 」をタップします。

  2. 通常ifLinkエンジンのアカウントで自動ログインしますが、ログイン画面が表示された場合は

ユーザー名・パスワードは、端末のifLinkエンジンで登録したアカウント名・パスワードと同じものを入力します。

  1. ログインが完了するとルールセット一覧画面に移るので、レシピを作成していきましょう。

レシピを作成して、配信する

利用したいレシピ(IF~なら、THEN~する)を考えて、レシピを作成していきます。
例えば、雨が降ったら、スマホに通知する など
「 モジュール一覧 」を参考にレシピを考えてみましょう。

  1. 「+レシピ 」をタップし、レシピを作成します。

  2. 「+アクション 」を選択しIFとTHENのアクションを作成していきます。一つのレシピの中に、複数のアクションを設定できます。

  3. 「+IF 」を選択し、IFのモジュールを選択して「 OK 」を選択します。同様に「 +THEN 」を選択し、THENのモジュールを選択して、「 OK 」を選択します。

  4. 作成したアクションを確認して、「 OK 」を選択します。

  5. 画面上部の、「レシピ(下線点線分)」や「アクション(下線点線分)」を選択すると、レシピ・アクションの名前を変更できます。これでレシピ作成完了です。

  6. 続いて作成したレシピを実行するためには、レシピを端末に配信する必要があります。「 端末を配信指定して配信 」をタップします。

  7. 確認画面が出るので、「 配信 」を選択します。

  8. 配信先の端末からピピッ!っと音が鳴り、「 ルールが更新されました 」とメッセージが表示されれば配信完了です。

  9. ※ifLinkエンジンをインストールしている端末を複数台持っている場合には、作ったレシピを実行する端末を選択する必要があります。(アカウントに紐づいた端末が1台の場合端末選択画面は表示されません。)端末番号はアプリの上部のハンバーガーメニューをタップし表示された画面右上の[ IFLINK**** ]で確認できます。

レシピを動かすための追加プログラムをダウンロードする

端末と、レシピ作成で選んだモジュールを準備し、追加プログラムが必要な場合はダウンロードします。

  1. 端末の ifLinkエンジン を起動します。

  2. レシピの動作にはレシピを実行させるために必要なプログラム:IMS(ifLinkマイクロサービス)のインストールが必要です。レシピが実行できるか確認をするためにifLinkエンジンアプリの「 レシピ 」メニューをタップします。

  3. 動かしたいレシピにダウンロードマーク(赤色の下向き矢印)が表示されている場合は、IMS(ifLinkマイクロサービス)のインストールの追加が必要です。
    ダウンロードマークが表示されていない場合は、4.へ進んでください。
    ダウンロードマークをタップすることで、GooglePlayへ自動で誘導されるので、IMSをインストールします。
    ※一度インストールしたものを再インストールする必要はありません。
    ※IMSによっては、権限の許可が必要になります。

  4. ダウンロードマークが表示がきえましたら準備完了です!あなたの設定したIF-THENの組み合わせレシピが動くようになります。IFモジュールを動かして、THENのモジュールが動作するか、確認してみましょう。

手順を動画で確認する